ドライ・マンハッタン

レシピをプリント

ドライ・マンハッタン

世界で最も有名なカクテルのひとつ「マンハッタン」の誕生には諸説あるが、第19代アメリカ大統領選のときに、かのチャーチル首相の母親がニューヨークのマンハッタン・クラブでパーティーを催したときに、ウイスキーとスイートベルモットの組み合わせを提案したという話。この新しいカクテルは参会者から好評を博し、クラブの名前にちなんで「マンハッタン」と名づけられたという。以来、“カクテルの女王”として「マティーニ」と並び称されている。ベースのウイスキーには、ライウイスキーを使うことが多い。

カクテルタイプ ショート
グラス カクテルグラス
テイスト 辛口
ブラウン(琥珀色)
アルコール度数 強い(25度以上)
製法 ステア

ドライ・マンハッタンのカクテルレシピ(1杯分の材料)

材料名 分量
チンザノベルモット エクストラドライ 1/5
カナディアンクラブ (カナディアンウイスキー) 4/5
アロマティックビダーズ 1ダッシュ

分量表記について

分数
カクテルグラスに注いだときの適量:1(60ml) に対して
どれくらいかを表したもの。
例)2/3 ⇒ 60ml × 2/3 = 40ml
tsp ティースプーン
全体の量にプラスする形で表示。1tspは約5ml。
dash ダッシュ
全体の量にプラスする形で表示。1ダッシュは1ml。

ドライ・マンハッタンの作り方

ステアして、カクテル・グラスに注ぐ。

ドライ・マンハッタンと同じベースのおすすめカクテル

マンハッタン
マンハッタン
テイスト:中甘辛口
アルコール度数:強い(25度以上)
マティーニ
マティーニ
テイスト:辛口
アルコール度数:強い(25度以上)
ギブソン
ギブソン
テイスト:辛口
アルコール度数:強い(25度以上)
ブロンクス
ブロンクス
テイスト:中甘辛口
アルコール度数:強い(25度以上)


こんにちは、ゲストさん

ゲストさん

レビュー投稿は酒ログ会員(無料)限定サービスです。ブログを運営中の方への集客支援やPRの提供中。また、お酒のプレゼントなどイベント企画中です!


酒ログTwitter

新規商品登録

酒ログに登録をご希望されるお酒がございましたら、商品追加依頼フォームよりご連絡ください。


  1. 酒ログトップ
  2. カクテルレシピ
  3. ドライ・マンハッタン