ギブソン

レシピをプリント

ギブソン

グラスの底に、真珠のように美しい光沢をみせるパール・オニオンが沈む優雅なカクテル。19世紀末、人気イラストレーターのチャールズ・ダナ・ギブソンが、NYのプレイヤーズ・クラブで愛飲したことからこの名がついたといわれている。当時のレシピは、プリマス・ジン1/2、ドライ・ベルモット1/2をステアし、パールオニオンを飾るというものであった。デコレーション以外は「マティーニ」と同じレシピだが、やや辛口に仕上げる傾向にある。

カクテルタイプ ショート
グラス カクテルグラス
テイスト 辛口
透明
アルコール度数 強い(25度以上)
製法 ステア

ギブソンのカクテルレシピ(1杯分の材料)

材料名 分量
ビーフィータージン 5/6
チンザノベルモット エクストラドライ 1/6
パールオニオン 1個

分量表記について

分数
カクテルグラスに注いだときの適量:1(60ml) に対して
どれくらいかを表したもの。
例)2/3 ⇒ 60ml × 2/3 = 40ml
tsp ティースプーン
全体の量にプラスする形で表示。1tspは約5ml。
dash ダッシュ
全体の量にプラスする形で表示。1ダッシュは1ml。

ギブソンの作り方

ステアして、カクテル・グラスに注ぐ。
カクテルピンにさしたパールオニオンをグラスに沈める。

ギブソンと同じベースのおすすめカクテル

マティーニ
マティーニ
テイスト:辛口
アルコール度数:強い(25度以上)
ブロンクス
ブロンクス
テイスト:中甘辛口
アルコール度数:強い(25度以上)
タンゴ
タンゴ
テイスト:中甘辛口
アルコール度数:強い(25度以上)
パリジャン
パリジャン
テイスト:甘口
アルコール度数:普通


こんにちは、ゲストさん

ゲストさん

レビュー投稿は酒ログ会員(無料)限定サービスです。ブログを運営中の方への集客支援やPRの提供中。また、お酒のプレゼントなどイベント企画中です!


酒ログTwitter

新規商品登録

酒ログに登録をご希望されるお酒がございましたら、商品追加依頼フォームよりご連絡ください。